上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんばんは。
午前中は訪問看護師さんが来宅。
チョッと風邪気味だからお風呂はもういい。。。って。

午後からはある会の会合で遅くなってしまって、夕食はいま終了なり。(ー_ー)!!



スーパーでお花を買いました。
暗紅色に色づいた、吾亦紅。(われもこう)


       吾亦紅





当てはまる漢字はこんなにある。


              吾亦紅・我吾紅・吾木香・我毛紅


一説によると、「われもこうありたい」と儚い思いを込めて名づけられた。

命名するときに、赤黒いこの花は何色なの?
そしたらそれぞれに、茶色、こげ茶、紫などと口々に言い張った。

選者は、「いや、私は断じて紅ですよ」というのをどこからか聞こえたという。

選者は、「花が自分で言っているのだから間違いない、われも紅とする」

それで「我亦紅」となったという説もあるらしい。

面白いですね。


すぎもとまさとの歌で吾亦紅、いいですねぇ~
この頃聴こえてこないけど、しんみり聴かせてくれる歌。


            マッチをすれば おろしが吹いて

            線香がやけに つき難い

            さらさら揺れる 吾亦紅

            ふとあなたの 吐息のようで・・・・





            あなたに あなたに 謝りたくて




この歌で吾亦紅という花を知った。










         
スポンサーサイト
2014.09.30 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。