FC2ブログ
一挙に寒くなって衣替えが必要になってきました。
温度計はかろうじてギリギリ20度。
外は冷たい風が吹いています。


きょうのブログは、山陽沿線の秋祭りで有名な『灘のけんか祭り』のことを。

主人が仕事で知り合いのあるお方のお誘いを受けて祭り見学にお呼ばれ!
迫力があったとデジカメで撮って来てくれました。

姫路市松原八幡神社には氏神さまは三体。だからみこしも三基ある。



 灘のけんか祭り 



立派な神社だったらしい。 



   灘のけんか祭り 



三台の屋台が並んでいます。




  灘のけんか祭り 




けんか祭りと言っても殴り合いのけんかをしている訳ではなく、三基の神輿をぶつけ合い、
壊れれば壊れるほど神意にかなう。(壊れる方がいいらしい)

神輿合わせといって、神輿の屋根と屋根を勢いよくぶつけ合う。

そりゃ~きっと、バキバキって音は出るでしょうね。

こんなぶつけ合いを見ながら人も興奮。

拍手や怒号が鳴り響いたことでしょう。

そんな様子をニュースでとり上げていた。


豪華な屋台の重さは2トンを超えるとか。

80~90人ぐらいの肩にどっしりと。




   灘のけんか祭り 



すり鉢状になったさじき席は、地元の参加者が山の地主に使用料を払い、当日のみ使用許可をもらう。

むしろ一枚単位で貸し出される。



    灘のけんか祭り 
                                    
              むしろ(ここは段々畑?)


当日(15日)はあいにくの雨。スッキリ晴れた青空だったらもっとよかったとの弁。(主人)

傘を差さないで下さいとアナウンス(傘が邪魔になって撮れなかったと)。

危ないものね。

このむしろの上で下の方を見る。(すり鉢状)


こんな勇壮なお祭り滅多に見られることはない。

自宅にも招かれ歓待して下さったとのこと。

どうもありがとうございました。












スポンサーサイト



2013.10.17 / Top↑