FC2ブログ
23日のお天気は穏やかなり。。。いつもの道を午前中にウオーキング。

きょうのブログもバス旅で最後に訪問した神社のことを。

日本神話の国産み・神産みに登場する、伊弉諾尊(いざなぎ)神宮へ。

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の二柱をお祀りする最古の神社だ。

難しくて字が読めない!





    神宮 



境内には、いざなき・いざなみのニ神が宿る御神木がある。(多ぶん横の木)

元は二本の楠がいつしか根を合わせて一株に成長したものとされている。





     大楠 



これだけ撮って肝心の楠を撮るのを忘れた。

右の後ろに大きな幹だけが写っている。樹齢900年だという。


この幹がどれだけの人の手でつかまれるか、近くにいた人に声をかける。

集まって~って、隣と隣の人の手を握って。。。

わぁ~い、やった~男性も女性も手をつなぎ、6人で一周。



この楠の名前は夫婦楠といわれていて、

夫婦円満、安産子授、縁結びなどのご利益があると信仰されている。

いつまでも夫婦円満?で長生きできますようにと手を合わす。






スポンサーサイト



2013.01.23 / Top↑