FC2ブログ
今冬イチバンの冷え込みでしょうか、寒いです。
背中に風を受けながら朝からウオーキング。
月光仮面のように頬もぐるぐる巻きにしたいような。。。冷たかったぁ~


先日のハイキングの続きです。

大阪の南東部にある富田林市寺内町(とんだばやししじないまち)。
じないまちって読むんですね、知らなかった。


江戸時代以前からの町並みが今なお残る三階建の蔵
寺内町は、これらが見事にマッチした所。
大きさは、
東西400メートル、
南北350メートルある。
 


一周約2時間、ガイドブックなしでも
散策できる。
今回は30人だったから2グループに
分かれて、ガイドさんに案内してもらった。
右の写真は三階建の蔵なんです。








下の写真は煙出し

    かまどの煙を外に出すためにつけられた越し屋根。

      煙出し 


次は虫籠窓(むしこまど)という。

    屋根裏部屋の明かりとりと、風通しのため。


      虫籠窓(むしこまど) 


寺内町の風景


      寺内町




IMG_2865.jpg 



興正寺別院の

名残り紅葉です。










寺内町の風景。

    寺内町 



                                          
                                               
                                          
        
 

   これは忍返し。

 塀の上に先のとがった竹・

 木を並べ、防犯用に

 なっている。

 刺さったら痛いだろうなぁ~







旧杉山家住宅(重要文化財)にも入ってきたけれど写真を撮るのを忘れた。

明治の終わり、堺の与謝野晶子らと活躍した明星派歌人・石上露子の生家だったのだ。

こういったところは富田林市が買い取り保存している。

屋根などがもう落ちる寸前だったり補修が大変だ。

人が住まなくなったら家というのは一気に痛む一方だ。






スポンサーサイト



2012.12.09 / Top↑