上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
11月の最終日は風が強かった。
風に吹かれ葉っぱはハラハラと落ちる。
掃けども掃けども風に誘われ葉っぱはやってくる。
結局「や~めた」と掃くのをやめた。

葉っぱを集めて焼き芋でもしたいような。。。
そうね、昔は田んぼの中でもみ殻を燃やして燻っている中にお芋さんを入れた。
時には真っ黒になり食べるところがなかったり。
いまでいう贅沢なひとときをもっていたのだ。


家の中ばかりいても仕方ない、少し歩くことにした。
郵便局まで歩いて行く途中にイチジク畑がある。

季節は明日からは師走。
だのにまだイチジクが健在だ。




      イチジク 





旬のときは早朝から収穫されていたけれど、いま残っているのはジャムにでもされるのだろう。
そうでないと勿体ない。

このまま口の中に入れてもあのジワットした感触がよみがえりそうだ。
昔はこんなアミなんかされてなかった。
こういう風にしないと悪い人がいるみたい。
困ったものだ。
まだ動物に食べられる方がいいなと思ってしまったり。。。

色んな事があるものだ。










スポンサーサイト
2012.11.30 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。