FC2ブログ
  白沙村荘



  昨日のハイキングで最初に訪れたのは白沙村荘。
  日本画家橋本関雪が半生を費やして造り上げたもので、理想郷だったのでは。
  明治期以前は田畑であった場所に土を入れ、木を植え、池をつくって、ここで
  多くの作品が生み出されたのだ。(上の写真は大画室 存古楼)

  冬の木々はもう少ししたら芽を出し、花が咲き、一気に周辺の景色が一変するだろう。
  今は殺風景な景色だが又それも風情がある。



  白沙村荘 



  白沙村荘


 竹林のそばにはいろんな格好をした石仏がある。
 片ヒザを立て怒っている?リラックス?している、こんな石仏も。。。
 石塔や灯篭も関雪が蒐集していた珍しいものが点在している。
 大文字山を借景に1万平方メートルの池泉回遊式庭園だという。広~い!






  
スポンサーサイト



2012.02.23 / Top↑