FC2ブログ
     アスパラ

昨日のNHKのテレビ番組「ためしてガッテン」を日本中のたくさんの人が見たと思う。
というのは、アンチエイジングと題していたから。。。みんな本音は歳はとりたくない。
だけれども人はみんな歳をとる、自分だけとらないなんて誰も思わない。
そうなればキレイに歳を重ねたいと思ったりもする。

老化の犯人はAGEという物質で皮膚の弾力性の低下や、シワ、たるみの原因と考えられている。
老化は骨にも現れAGEがたまると、骨がもろくなり、枯れ枝のように折れやすくなる。
また、関接の軟骨にもたまり、腰痛やヒザ痛の原因にも・・・。
ワタシなんかとっくにいっぱいたまっている事だろう。
おもしろかったのはAGE年齢の測定で山瀬まみさんが+25歳、まみさんはショックを
受けられていた。小野アナウンサーは、-16歳だったとか。
このAGEリーダーでワタシも測定してみたい。
 
上手く説明できないが、血液中の糖が血管の外に染み出す事を糖化といい、染み出してしまうと
なかなか戻れない部分がコラーゲン。コラーゲンがある場所は、骨、内臓、血管、肌。
皮膚の7割はコラーゲンらしい。
コラーゲンは細胞と細胞の間をつなぐ接着剤であって、全身の細胞の土台。
という事で、コラーゲンの糖化が老化をもたらすらしい。
ここからが一番大事です。
糖化を防ぐには、食べる順番にあり!
先に野菜を食べる、これが効果的だという。
野菜を先に食べると、血糖値の上昇を抑えられ、
逆にご飯を先に食べると、血糖値が一気に上がるらしい。
先に野菜を食べると野菜を摂る習慣が身につき、ご飯が控えめになるという。
続けていると、糖化予防にもなるし、ダイエットにもなる。
昨日の番組を見て早速実行した。何ヵ月後には??になるかも。





スポンサーサイト



2011.05.19 / Top↑