FC2ブログ
  本物の亀石


  橘寺の西門を出て飛鳥周遊歩道を西方へ600mほど歩くと、小道の傍ら(民家の横)に
  亀がはいつくばっているような彫刻をした大きな石が亀石である。
  いつも眠たげな目をしてうずくまっているユーモラスな顔、ここのが本物である。


  偽者の亀石

  これは飛鳥資料館の庭にドンと鎮座している偽の亀石。
  こうして比べてみると本物はヤッパリ威厳があるね。顔つきも違う。
  人間も外見ばかり格好良くしてもいつかはメッキがはげて来る。
  心の中も格好良くイカス人間であれ、そう思ったりもするのだが。






スポンサーサイト



2011.05.10 / Top↑