FC2ブログ
服部緑地に行った時、”日本民家集落博物館”に入館。日本各地の代表的な民家を移築
復元して、関連民具と合わせて展示している野外博物館で11棟ある。


摂津能勢の民家の前庭に竹竿の
てっぺんに山つつじの花が飾ってあった。ようか日
旧暦4月8日(新暦5月8日頃)、能勢では
「ようか日」といっていたとか。
田植えに先立って、高い竹竿のうえに
山つつじを飾ると、そこに山の神様が降りて
きて田の神様になり、農作業を見守って
くれると信じられていた。
そして、ようか日に飾るつつじの花飾りを
「天道花」と呼ぶらしい。
これを見てどこかで見たように
感じたから撮ってみた。












       摂津能勢の民家で外にある荷車も懐かしい。

      摂津能勢の民家 

     
       裸麦が植えられていて見知らぬ人と見入った。


      裸麦

      竹林にはたくさんのタケノコがにょきにょき顔を出しているがもう竹になるのを
      待っている状態だ。


      竹林のたけのこ


     昔実家の前に黄色くなった麦があったのを思い出した。
     あの青々した麦が黄色くなるのだろうか。






スポンサーサイト



2011.05.08 / Top↑