FC2ブログ
                            朝叔母の訃報を知らせる一本の電話があった。

                             多分お義母さんよりひとつ上だったように記憶している。

                             7年前に亡くなった私の母が長女で、亡くなったのは二女。

                             半年ほど前から動けなくなって、病院・ホームと転々と

                              していた。時を同じくして、三女の叔母も病院を転々としている。

 

                           かりし頃は美人?三姉妹だったらしい・・・

                            田舎で暮らし、みんなみんなよく働いていた(私の母も然り)

                            先祖の土地を絶やすことなく、米や野菜を植えて出荷していた。

                            昔は暗いうちから起きて、山や田・畑に一日中働いていた。

 

                            私たちの年代はそういった苦労を知っている。

                             マァ私も少しは手伝いをしたほうだ・・・

                             現在(いま)はあまりにも豊かになりすぎてしまった。

                             格差があるにしてもこの現在(いま)の暮らしは、

                            "身を粉にして働いてきた人たち” があったればこそだと思っている。

 

                            以前、叔母の手をさわったことがあるが、ゴツゴツとして大きな手だった・・・

                            いっぱい! いっぱい!仕事をしてきた事を物語っていた。

 

                             叔母ちゃん!お疲れ様でした・・・260

 

 

スポンサーサイト



2009.11.17 / Top↑